「聞く事」から神様について行こう

神様についていくことは、聞くことから始まります。現代に生きる私たちは沢山の「声」に囲まれています。自分の心の声、周囲の人々の声、学校や社会、様々なメディアが発信する情報の声、周りは多くの声が溢れています。私たちは、しっかりと神様の声を聴き分け、神様についていきましょう。


どのように神様の声についていくのでしょうか。神様は私達に聖書を与えて下さり、神の言葉を通して私達を導いてくださいます。日々聖書を読み、神の言葉を聞くことから神様についてくことが始まります。神様に感謝です。神様は私たちの教会にモーニングディボーションを与えて下さっています。神様はモーニングディボーションを通して、611教会を導き、あなたを導いてくださいます。


最近のモーニングディボーションでは、士師記全体を通して、神から離れていった当時の世代の人々を反面教師として学び、私達も「自己中心の世代になるな」と語ってくださいました。続いて学んだモーニングディボーションでは、へブル書を通して「心頑なにせずに聞くなら安息に入る」ことを語ってくださっています。そして、私たちは今、自己中心と頑なな心から抜け出し、40日断食を通して神様についていこうとしています。このような神の導きを聞き始めることから、神についていくことは始まります。神様は今も生きておられ、私たちに語ってくださいます。教会のモーニングディボーションは神があなたに語ってくださる場所です。あなたも教会のモーニングディボーションを聞き続け神様についていきましょう。

実は私も含め、私たちは皆、聞けない人です。士師記やへブル書は当時の歴史を通して民が聞けなかったことを教えています。昔も今も人の問題は変わりません。私の場合も、妻が私の為に語る忠告をなかなか聞くことができません。健康のために夜遅くまで起きない事、適度な運動をする事、その他にも色々あります。しかし、師母が求めていることに応えることが出来ていません。難しくない簡単な要求なのですが、なぜか聞けないのです。しかし、神様は師母の存在を通して、私の耳と心を開こうとしてくださっています。私はもっとへりくだり、聞く必要があります。ですから、私は今回の40日の断食期間を大切にして、へりくだり神についていき、師母の言葉を聞くことができるようになることを願っています。皆さんはどうでしょうか。あなたの霊的なリーダーやあなたの妻に聞けているでしょうか。モーニングディボーションを聞き、あなたの周囲に置かれてる人に聞きましょう。そして神様についていきましょう。




「今日、もし御声を聞くならば、あなたがたの心を頑なにしてはならない。へブル4:7」


2021.03.07 大阪ツリーオブライフ611チャーチ 主任伝道師 宮崎 出

特集記事
最新記事