MG12コラム:秘訣【18】愛に基く権威

November 13, 2016

【秘訣その十八:愛に基く権威】

 

セル内で神様の栄光が表されることを願うなら、まず愛の関係を築きましょう。

 

「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい。あなたがたの間では、そのような心構えでいなさい。それはキリスト・イエスのうちにも見られるものです。」(ピリピ2:2-5)

 

一、健全な関係

  1. より多くの愛:セルリーダーも、セルメンバーもセルに加わるのは、より多くの愛を受けるためです。イエス様は私たちのために、自分の命さえ手放しました。私たちも相手の益のために一歩譲り、相手に対する文句、不満、怒りを手放しましょう。

  2. 謙遜:私たちは、互いに自分の足りなさに気づき、感謝な気持ちを具体的な行動で表しましょう。

    債務の取立人のように、相手の非を責め立てることをやめ、自分にも非があることを認め、自分の弱さに気づきましょう。

  3. 問題を直視する:人間関係の衝突があっても正面から向き合い対処しましょう。

  4. 自由になりましょう:お互いに自由な関係を持ちましょう。小牧者の視点からセルを捉えましょう。たとえセルメンバーが他のセルへ移動しても、セルメンバーの成長に繋がるなら祝福して送り出しましょう。

 

二、権威とは

  1. 愛によって:愛のあるところに権威があります。按手によって得る権威は立場上のものです。セルリーダーの真の権威は、セルメンバーに示した愛、パストラルケア、受容、愛に基づくセルメンバーへの刈り込み、励ましと促しです。
     

  2. 権威の用い方:権威は、束縛するためではなく、守るために用いるべきです。セルメンバーに、「私に従いなさい」と言う必要がありません。従うかどうかは、セルメンバーが決めることです。もし、セルメンバーは従わないなら、背後で彼らのために祈り、神様に委ねましょう。真の従順には恐れがありません。
     

    権威を用いるには知恵が必要です。権威は愛によるものです。十分に教え、話し合った後に権威を用いましょう。権威を用いるのは、恐れを与えるためではなく、セルメンバーを自由の中で成長させるためです。

 

三、従順を学びましょう

セルリーダーを傷つけてはなりません。セルリーダーを尊敬しましょう。セルリーダーの必要を思いやり、自分の感情、怒りによってセルリーダーを操ってはいけません。セルリーダーを恐れたり、壁を作ったりせずに、リーダーが自分を愛していることを信じましょう。

■(本稿は香港611母教会週報596号より抜粋)

Please reload

特集記事

自信を持って生きよう

August 23, 2019

1/4
Please reload

最新記事