この地を愛し、祝福しよう!

June 28, 2020

あなたは今、住んでいるこの土地を愛していますか。大阪、日本を愛していますか。この土地を大事にし、この土地にコミットし、溶け込もうとしていますか。今、あなたの生活は、祝福されていると感じますか。それとも経済的に苦しく感じ、さまざまな葛藤を覚えていますか。

2015年6月、私たちは教会開拓のために香港から大阪へ派遣され、関西空港に着いた時に、大阪の地に両手を置き、大阪の地に向かって「私たちは大阪の地に来ました。私たちは大阪の地にコミットし、この土地を愛し、祝福します。この大地がイエスキリストの十字架によって癒され、解放されますように。大地が立ち上がり、神様に仕え、大地の上に住む人々が救いと回復が与えられますように」と、大阪の地に向かって祈りました。大阪へ来た当初、私たちは大阪のことを何も知らず、土地勘もなく、東西南北の違いもよく分からない状態でした。しかし、この土地がイエス様の十字架の愛によって贖われ、癒されることは私たちの心からの願いです。

 

 

私たちの教会の中で、聖書に基づいた十一個のコアバリューがありますが、最初の一つ目は「神が第一、次に人、そして大地」です。神様は、アダムとエバを創造した後に、彼らにこう仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ…(創世記1:28)」。この大地は人間に任されており、人間と深く関わっています。この大地を愛し、管理し、治めることは神様の御心です。そして大地が成長をもたらし、実を結ばせ、豊かになり、大地にいのち溢れ、人間が大地の豊かさの中で生きる姿こそ神様の願いです。しかし、人間の罪によって大地は汚され、呪われ、虐げられています。今の世界がコロナウィルスの脅威の中で生活を強いられていることも、人の罪のゆえに汚された大地の呪いを刈り取っている代表的な例でしょう。人間の自己中心的な罪によって、疫病が世界中に広がっています。しかし、神は大地を癒す方法をお持ちです。「被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現れを待ち望んでいるのです。(ローマ8:19)」 さあ、今こそ、あなたが神の子として立ち上がり、この土地を愛し祝福し、祈る時です。

 

もし、あなたがこの土地にコミットし、この土地に溶け込み、この土地を愛し、祝福して祈るなら、この土地も立ち上がり、あなたのために仕え、実りを与え祝福を生じさせるでしょう。しかし、あなたがこの土地にコミットしようとせず、二転三転しているなら、大阪に限らず、どこへ住んでいても、所属感や安心感を得られず、常に漂流しているように感じます。今、あなたが、この大阪の地に住んでいることは偶然ではありません。あなたは、この地に召されています。神様はこの地であなたを用いようとしています。あなたの上に神様のどの様な御心と計画があるのでしょうか。御心を求め始め、この地にコミットし、この地を愛し、この地が癒されるように祈れば、大阪の地は癒され、大阪の地は立ち上がり、あなたを祝福するようになります。

 

「もし、わたしが天を閉ざしたため雨が降らなくなった場合、また、いなごに命じてこの地を食い尽くさせた場合、また、もし、わたしの民に対して疫病を送った場合、わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求め、その悪い道から立ち返るなら、わたしが親しく天から聞いて、彼らの罪を赦し、彼らの地をいやそう。(Ⅱ歴代誌7:13-14)」

2020.06.28大阪ツリーオブライフ611チャーチ 主任伝道師 宮崎 出

Please reload

特集記事

自信を持って生きよう

August 23, 2019

1/4
Please reload

最新記事