真の関係と羊を牧すことは永遠に残る

絵理奈は、最近休暇を取り、北海道に行ってきました。札幌にあるヘセド611チャーチの岩山牧師先生ご夫妻の自宅に泊り、5日間もお世話になりました。リフレッシュしてきた絵理奈は清々しく嬉しそうに帰ってきました。5日間の北海道旅行で、岩山先生夫妻は、毎日、絵理奈の旅行プランを考えてくださり、札幌の名物をごちそうしてくださり、小樽や積丹まで、絵理奈のリクエストに答え、山や海などの素晴らしい大自然に一緒に連れて行ってくださいました。

 

岩山先生ご夫妻との話題の中心は、自然に牧会に焦点を置かれ、様々な角度で、人を牧会する事やどのように霊的な命を建て上げるか、どのように関係を築いていくか等を分かち合っていました。岩山先生夫妻は、絵理奈の牧会する心をよく理解してくださり、兄弟姉妹へのケア、心の葛藤も理解してくださいました。岩山先生夫妻は、大自然や北海道の美味しい食事を通して、絵理奈への愛情を示してくださり、絵理奈の牧会する心をとても評価してくださいました。岩山先生は「絵理奈ちゃんは、香港611母教会にも、出先生やかつら師母にもしっかりつながり、心に寄り添い、同じ心で牧会していることは、本当に素晴らしいね」と評価してくださったそうです。絵理奈にとって、岩山先生の評価の言葉を通して非常に励まされました。

 

真の関係と人を牧すことは永遠に残ります。主任牧師夫妻と兄弟姉妹との関係、兄弟姉妹間の関係、セルリーダーとセルメンバーとの関係、私たちは1人で生きるのでなく、一緒に関わる事で、いのちが豊かになります。建て上げられるいのち(人柄、人格)は、永遠に残るもので、永遠の冠を得ることができます。また、大阪611と札幌ヘセド611との関係、岩山先生ご夫妻との関係も永遠に残るものだと信じています。私たちは、同じ香港611で様々な学びを経て、教会開拓のために日本に派遣され、今日に至っています。似たような歩みをしてきたので、お互いのことをよく理解しています。

 

今回、絵理奈が個人的に岩山先生ご夫妻を訪問した中で、岩山先生ご夫妻も同じ牧会のDNAを共有できた事は私たちにとって、大きな励ましと慰めでした。岩山先生夫妻に本当に大変感謝しています。今後も同じ神の家族として、大阪とヘセド611との関わりが増え、互いに行き来して関係が深められ、一緒にいのちの木の道を歩み、支え合い、励まし合い、成長し、前進していきましょう。


「あなたがたのうちにいる、神の羊の群れを、牧しなさい。強制されてするのではなく、神に従って、自分から進んでそれをなし、卑しい利得を求める心からではなく、心を込めてそれをしなさい…、そうすれば、大牧者が現れるときに、あなたがたは、しぼむことのない栄光の冠を受けるのです。1ペテロ5:2-4」

 

2022.06.26 大阪ツリーオブライフ611チャーチ 主任伝道師 宮崎 出

特集記事