セルグループがあるって素晴らしい

セルには祝福が溢れている

2022年の初めに、セルリーダー感謝食事会を行い、その中でセルリーダーの一年間の感謝を分かち合いました。この一年、各セルリーダーは羊飼いのように、心を込めてセルメンバーを導いてくれました。セルを導く中で、喜びもあり葛藤もありましたが、祝福や恵みの方がまさっています。このようにして一人一人が愛され、守られ、導かれ、成長していく姿をみて、神様に感謝を捧げます。


人が育つと恵みの収穫がある

由香はセルリーダーとして、ジュリーを長い間導いてきました。時には互いのコミュニケーションがうまくいかず、葛藤した時期もありましたが、その時は私達と一緒に大阪城で花見をしながら、お互いの気持ちを伝え合うこともありました。由香はカインドネス(恵み)の心でジュリーを導き続けてくれました。ジュリーも良い心で由香を信頼し続けました。由香もジュリーも互いの関係の中で研がれて成長しました。ジュリーは去年自分のセルを毎週自宅で開き始めました。また、セルの為に以前の部屋を探していると、広くて綺麗な部屋が見つかりました。それだけでなく、素敵な出会いも与えられています。牧会する中でたくさんの恵みの実が与えられています。


神様の心を満足させる生き方

絵理奈のセルからは愛ちゃんが新しくセルを始めました。愛ちゃんも職場や人生の中で紆余曲折がありましたが、今は絵理奈セルの中で養われ、信仰生活や教会生活が落ち着きました。新年の初めに彼女の抱負を聞くと、彼女は職場の後輩たちを導いて、彼らの内側の良いものを引き出し、彼らが祝福された人生に入っていく手助けをしたいと教えてくれました。私は彼女の価値観はとても素晴らしいと感じましたが、「自分や他人の人生を満足させる生き方でなく、神様の心を満足させる生き方」をしてみたらどうかと勧めました。神様の願っている事は、人を導き養い成長させ、本当の関係の中で一人一人のいのちを建て上げていく方向に進むことです。彼女は即座に応答し今年から自宅でセルを開くことにしました。感謝です。2022年、きっと神様も愛ちゃんも心から満足できる一年になるでしょう。


生み増え広がる2022年

一月に私たちの家のグッピーに赤ちゃんが生まれました。よく数えてみると12匹の稚魚がいます。最初は見えないぐらい小さいのですが、元気に水槽の中を泳ぎ回っています。イスラエルが12部族あるように、大阪611にも新しいセルリーダーが生まれています。今年、増え広がり、全地に満ちてゆく一年になると、神様が私たちの教会に、またひとりひとりに、そして一つ一つのセルに語っていてくださることを信じます。





「見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。詩篇133:1」


2022.01.23 大阪ツリーオブライフ611チャーチ 主任伝道師 宮崎 出

特集記事
最新記事