top of page

神の幕屋が人と共にある

イエスは神の計画の中心

仮庵の祭りは聖書にしるされている七つ祭りの一つです七つの祭りを通して、神様の救いの全貌を垣間見ることができます。特に父なる神がイエスキリストを通してどのようにイスラエルをはじめとする人類全体への、救いの全体計画を理解することができます。イスラエルの七つの祭りには、それぞれ、時期、儀式が定められています。しかし、七つの祭りの本体はイエスキリスト自身です。ですから、イスラエルの七つの祭りの意味を知り、七つの祭りを過ごす時に、これまで以上にイエスキリストを知る事ができるようになります。


イエスは仮庵の祭りにお生まれになった

今日は仮庵の祭りの期間中ですが、仮庵の祭りは七つの祭りの中で最も重要な祭りです。なぜ仮庵の祭りが最も重要な祭りなのでしょうか。それは、仮庵の祭りの時にイエスキリストはお生まれになったからです。バプテスマのヨハネの誕生時期から逆算するとイエスは仮庵の祭りの時期に生まれた知ることができます。また、イエスは33年半の生涯を歩まれましたが、イエスが過ぎ越しの祭りの時に死なれた時から、33年半を遡ると、仮庵の祭りの時にあたります。仮庵の祭りはイエスキリストが人となってこの地に来られ、私たちと共に住んでくださったことを祝い、心から感謝を捧げる祭りです。

神の幕屋が人と共にある

またイエスキリストは、再びこの地上に戻ってこられます。その時は栄光の王をして、イエスを救い主と信じた人々と共にこの地上を千年の間、王として治めるのです。千年王国では仮庵の祭りが千年間世界中で祝われ、千年王国が終わると、神が創造される新天新地の祝福へ入って行くのです。「見よ。神の幕屋が人と共にある。神は彼らと共に住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らと共におられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐいとってくださる。もやは死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。」そのような素晴らしい世界へ私達の為に備えておられます。今は肉体の仮の幕屋に住んでいるのですが、神は私たちの為に神と共に住む永遠の都が用意しておられ、私たちはあらゆる悲しみや限界から解放されて、神の子として永遠の喜びの中に入って行く望みを、仮庵の祭りを通して受け取りましょう。私たちは仮庵の祭りの期間中、心から喜び、感謝を捧げましょう。


1万歩×365

ユダヤ暦では5783年の新しい年が始まりましたので、新しい目標をもってこの一年を走り抜きましょう。611大阪では、「1万歩×365」を開催します。一日一万歩×300日は金賞、一日一万歩×250日は銀賞を獲得できます。達成すると特別なプレゼントが用意されています。喜びの心と、健康な体で、一年を走り抜きましょう。


「見よ。神の幕屋が人と共にある。神は彼らと共に住み、かれらはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられる。黙21:3」


2022.10.16 611チャーチ大阪 主任伝道師 宮崎 出




Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
    bottom of page