温かい家と温かい目

セルは「我が家」

教会は神の家であり、あなたの帰るお家です。そして、大阪611に関わるひとりひとりは、国籍、年齢、文化、言語を越えて「大家族」です。一つ一つのセルも「家族」です。毎週のセルは温かくて楽しい家族の集まりです。あなたもセルを通して、家族の温かさに触れ、本来の家族の姿を体験できます。セルに参加する時、「ただいま~」と帰れる自分の居場所がそこにあることを経験できます。セルでは「温かい我が家」の雰囲気を大切にしましょう。セルリーダーもセルメンバー同士もみんな家族です。あなたのセルを自分の家族として見るなら、あなたのセルは家族の暖かさ温度が上昇し、いのちの木の空気が溢れ、家族と共にいる充足感を味わうでしょう。


「温かさ」を大切にしよう

あなたの両親や兄弟や姉妹との関係は良好でしょうか。家族は関係が近く、愛し合う反面、欠点も良く見えるようになります。家族でさえ、批判し合ったり、裁き合ったり、責め合ったりしてしまいます。奉仕することに重点を置いてしまったり、相手の改善に重点を置くと、家族への評価や愛情や感謝を表現することを忘れ、家族の欠点をばかり指摘してしまい、「家族の温かさ」が壊れてしまいます。神の家族の中でも同じです。相

手を愛し、改善を願う事は必要ですが、厳し過ぎないようにしましょう。大切なのは「温かさ」です。みんな温かい家に帰りたいと思います。セルで温かい家族の雰囲気が醸し出されるように目指しましょう。

「良い部分」を見よう

自分の目が人の「良い部分」に留まるように意識しましょう。多少相手が足りなかったとしても、相手の「良い部分」を評価し続けると、その人は必ず成長していきます。私の場合も「良い部分」を褒められ、評価される経験を通して、霊的に成長し、自分の価値に自信がついた経験があります。人の悪を見ずに、人の内側にある神の造られた「良い部分」に目を留めましょう。セルメンバーに対しても基本的に「良い部分」を見ながら

関わるなら、あなたのセルメンバーは成長し増え広がっていきます。セルリーダーに対しても「良い部分」を見続けるなら、セルリーダーからの祝福が溢れるほど流れてきます。夫婦関係でも同様です。互いに「良い部分」を見て、評価しましょう。光の当たる木がすくすく成長するように、「良い部分」を評価される人はすくすくと成長していきます。神様は私達の内側にある「悪い部分」でなく、「良い部分」 に常に目を留めてくださっています。温かい家族に囲まれ、自分の良い部分を評価され、健全で真っ直ぐないのちの木として、神の大庭で成長しましょう。


「彼らは、主の家に植えられ、私達の神の大庭で栄えます。 詩編92:13」

2021.01.24 大阪ツリーオブライフ611チャーチ 主任伝道師 宮崎 出

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索