あなたの愛は人を立たせる

ハレルヤ、611全体で40日の断食が始まり一週間が経過しました。あなたも教会全体でこの流れについていき、神様が導かれる、素晴らしい祝福の道へ進んでいきましょう。一日一食を抜き、その時間を神様にささげ、オンラインで開かれている祈祷会や、モーニングディボーションへ参加し、神様の前にへりくだる期間としましょう。


イエス様以外の道は、近道のように見えても曲がった道であり、あなたを躓かせる道です。教会の進む道へあなたも共に進み、40日断食の流れの中で、神の祝福と勝利の中へ一緒に入りましょう。


また、イエス様は信仰が弱り、信仰生活で立ち止まっている人々を心に留め、気にかけておられます。教会から遠ざかり、信仰が揺らいでいる神の家族の為に、今も天で父なる神にとりなしておられます。イエス様は大祭司として、困難に直面して信仰が弱っている人々の為に、霊的回復を祈り続けておられます。この40日断食を通して、あなたの周囲にいる、信仰の励ましが必要なセルメンバーや兄弟姉妹を思い起こし、とりなし祈りましょう。


私もかつて神様と教会から遠く離れた時期がありましたが、両親のとりなしの祈りにより信仰が支えられ、また、教会のあるお兄ちゃん的なひとりの兄弟が、時間を作って、あちらこちらへ連れ出してくれて、私と関わり、私を励ましてくれました。そして私は少しづつ立ち上がり、神様を見上げる力が与えられ、ついに完全に神様に立ち返り、神に熱心に仕える信仰へ至った経験があります。そして、今度は、私が自分の兄の為にとりなし続け、今は、兄も神様に立ち返り、イエス様を見上げ、夫婦で神様に仕えています。イエス様が天にあるまことの聖所で大祭司として今もとりなし続けておられます。私達も祭司として祈りましょう。イエスの御名によって私たちが祈るなら、その祈りは必ず聞かれます。

「キリストはいつも生きてきて、彼らの為に、とりなしをしておられるからです。へブル7:25」


2021.02.28 大阪ツリーオブライフ611チャーチ 主任伝道師 宮崎 出


特集記事