いのちの木の道には必ず解決がある

神に喜ばれる生き方をする

ハレルヤ、大阪611チャーチは仮庵の祭りと6周年を迎え、神様が私達を今日まで守り導き祝福して下さったこと、兄弟姉妹と共に喜びと感謝を神様に捧げる素晴らしい時でした。

私達が教会を牧会する中で、兄弟姉妹の直面する様々な問題を聞くことがあります。仕事、人間関係、信仰、経済面、健康や生活のあらゆる面での葛藤や困難を私達が相談を受ける時、まず「神に喜ばれる生き方」をするように教えます。神に喜ばれる生き方をするなら必ず問題は解決します。問題よりも問題は「あなたが神に喜ばれる生き方をしているか」です。神の言葉によって自分を照らすなら、私達が神に喜ばれる生き方をしているか明らかになります。愛する兄弟姉妹の皆さん、礼拝、モーニングディボーションで語られる御言葉をしっかり聞き、神様について行きましょう。神に喜ばれる生き方こそ、いのちの木の道です。


いのちの成長を優先する

最近、ある夫妻の問題の背後にある根について分かち合い、助言すると、彼らは自分の内側にあった「不健全な根」について認め、自分自身を深く吟味し、内側が取り扱われました。私たちは目の前の問題解決よりも「いのちが健全」になる事を願っています。例えば、幼い頃に貧しさの中で育ち、苦しく惨めな思いをした場合、貧しさに対し極度の不安に陥ったり、貪欲になり、逆に騙されやすくなってしまう事もあります。あなたのいのちが健全に成長するためには「養われる」事が必要です。セルリーダーに養われ、導かれる時、あなたが直面する問題の根である、「不健全ないのちの部分」が、あなたとセルリーダーとの関係の中で浮き彫りにされていきます。セルリーダーとの間にある、愛と信頼の中であなたのいのちが取り扱われていくなら、あなたの直面するあらゆる問題はやがて解決していきます。大切なのは「養われていのちが変えられていくこと」です。養われることはいのちの木の道です。


いのちの木の道には必ず解決がある


神の御言葉に従い、霊的な権威者のもとで養われること、同時にあきらめずに養い続ける事、この方向はいのちの木への道です。木が成長するには長い時間が必要なのように、人のいのちが変えられ成長する為にも長い時間が必要です。かつて、アダムはいのちの木の道から追い出されてしまいましたが、私達は再びいのちの木への旅路を、エデンの園の中央にある、神のいのちへ向かって歩んでいます。ですから、私達と共に、仲間たちと一緒に、諦めずにいのちの木への道を歩み続け前進しましょう。


「こうして、神は人を追放して、いのちの木への道を守るために、エデンの園の東に、ケルビムと輪を描いて回る炎の剣を置かれた。創3:24」